このブログに一票

2006年09月07日

9月8日金曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は116円前半となっております。


NY市場は軟調となり外国人売買動向は小幅ながら売り越しとなったことから売り先行の始まりとなりました。SQ算出日前ということもあり買いの手控え気分が強く終始軟調な動きとなりました。先物へのまとまった売りが入ると一気に値を崩す展開となりました。後場に入ってからも先物へのまとまった売りが入り16000円を割り込む場面があったのですが、底堅さが確認されると買い戻され引けには下げ幅を縮小する動きとなりました。


<指標>


☆9月の日銀金融経済月報
☆8月の景気ウオッチャー調査
☆8月の貸出・資金吸収動向
☆8月のマネーサプライ
☆7月の特定サービス産業動態統計速報
☆先物・オプションSQ算出日
☆福井日銀総裁会見
☆7月の米消費者信用残高
☆OECD7月景気先行指数



<新規上場>


☆ジャスダック上場     日本和装ホールディングス



<気になる事>


☆外貨準備高、6カ月連続で過去最高を更新 8月末は8787億ドル
☆7月の景気一致指数は83% 90年10月以来の高水準に
☆先行きの景気動向を示す先行指数は40% 10カ月ぶりに50割る
☆工作機械受注額。8月速報は前年比4.7%増 47カ月連続増
☆全国銀行貸出残高は11カ月連続でプラス
☆都心オフィス空室率、8月末は2.98% 14カ月連続低下し過去最低
☆先週の主体別売買動向、外国人は2週ぶりの買い越し 東証
☆先週の対内株式投資も2週間ぶりに買い越し 財務省
☆自動車各社、インドや中国拠点に欧州輸出 小型車生産拡大
☆安倍氏、省庁の再々編を検討 公共事業は抑制の余地
☆「事業信託」税制を整備、政府方針 信託会社に課税案浮上
☆クレジットカードや消費者金融大手、20%以下のローン相次ぐ
☆新興市場、直近上場銘柄の軟調目立つ ミクシィ上場控え警戒も
☆米企業の配当金、今年最高に S&P主要500社調査
☆米景気、拡大続くが5地区で減速 FRB、地区連銀報告発表
☆英BAE、エアバス株をEADSに売却する方針を決定
☆グーグル、新サービスで200年前のニュースも検索可能に
☆米GM、新車の基幹部品の保証を「5年・走行10万マイル」に延長
☆米エネ省、世界最速のスパコンをIBMに発注 頭脳にPS3のセル採用
☆地区連銀報告、5地区減速で景気判断を下方修正



NY市場は開場前となっております。CME日経は15875円と日経平均よりも下げております。日経平均はSQ算出日ということもあり買い上がる動きになりそうなのですが、CME日経が16000円を大幅に割り込む動きとなっており、このままいくと日経平均の25日移動平均線を割り込む動きになりそうです。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。








posted by taro1991 at 20:55| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


株式投資 推奨銘柄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。