このブログに一票

2006年09月24日

9月25日月曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に下げております。
為替は116円半ばとなっております。


NY市場が軟調になったためか外国人売買動向が買い越しとなったにも関わらず売り先行の始まりとなりました。月末間近の週末ということもあり手仕舞い売りが優勢の展開となったようです。後場に入ると先物への仕掛け的な売りもあり下げ幅を広げる動きとなったのですが、下値目処と見られていた間近安値を更新する動きとなり買い気の乏しい展開となりました。


<指標>


☆9月末権利付き最終売買日
☆8月米中古住宅販売



<気になる事>


☆外国人研修生を労基法の適用対象に 政府、不正雇用の罰則強化を検討
☆7―9月期の大企業景況感、3期ぶりに改善 法人企業景気予測調査
☆少子化担当相、出生率が6年ぶりに反転するとの見通しを示す
☆全国スーパー売上高、8カ月連続の減少 8月は前年比1.1%減
☆日本とチリが経済連携協定で合意 日本からチリへの輸出関税撤廃
☆東証1部の騰落レシオ、約1カ月半ぶりの低水準に
☆9月第2週の投資主体別動向、外国人が売り越しに
☆日本貿易保険、海外投資保険料 初の引き下げ 資源開発向け5割
☆安倍政権、改革占う民間人選び 規制改革・諮問会議 後任人事へ
☆新司法試験、合格率48% 合格者1009人、4法科大学院ゼロ
☆ガソリン13週ぶり下落 店頭価格、0.1円安の144円
☆米ヘッジファンド巨額損失、50億ドル計上や解散も 天然ガスで
☆中国の鉱工業企業利益、1―8月期は29%増に拡大
☆インド石油天然ガス公社、中南米やアフリカへの投資を拡大
☆米政権と上院共和党、意見が対立していた対テロ関連法案で合意
☆米AOL、仏のネット接続事業を売却 英国の接続事業も近く売却
☆米ウォルマート、ジェネリック薬300種を4ドルに値下げ
☆米長期金利、6カ月ぶりに4.7%割れ 景気後退懸念が背景に



NY市場は軟調となっております。CME日経は15515円と大きく下げております。市場のセンチメントは悪く日経平均は75日移動平均線を意識した動きになりそうで、下値を確認する動きとなりそうです。


明日の相場は●
確率は80%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。















posted by taro1991 at 09:41| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24334671

この記事へのトラックバック


株式投資 推奨銘柄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。