このブログに一票

2006年09月06日

9月7日木曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に下落しております。
為替は116円半ばとなっております。


NY市場は堅調となったのですが、外国人売買動向が売り越しとなったことで売り先行の始まりとなりました。売り先行ながら底堅い動きとなり反発する場面もあったのですが、利益確定の売りや戻り待ち売りなどで上値が重たくなり軟調に推移しました。後場に入ると先物へのまとまった売りが出て、利確売りや見切り売りがかさみ一段安となりました。


<指標>


☆8月末の外貨準備高
☆7月の景気動向指数
☆8月の工作機械受注速報
☆日銀金融政策決定会合
☆7月の米卸売売上高



<気になる事>


☆紀子さま、男児をご出産 祝福の声相次ぐ
☆警察庁、無灯火自転車を一斉指導 今月下旬から全国で
☆国産ジェット機、2012年度に商業生産 官民で1200億円拠出
☆ロシア当局、サハリン2停止求める訴訟 自国の権益狙う?
☆26日国会召集、新首相を選出 新政権早々の空転を懸念
☆貸金業規制、調整綱渡り 自民、週内に議論まとめへ
☆原油高騰、運輸業界に値上げ機運 国交省、経団連に転嫁理解を
☆森トラストが投資事業拡大 私募ファンド500億円規模
☆日本人起業の創薬ベンチャー、米ナスダック市場に上場へ
☆建設50社、大手の受注シェア上昇 格差拡大で業績に影響も
☆新興企業の4―6月、経常益8%増 製造業34%増益 日経集計 
☆中国首相、「日中で障害除く努力」 経団連会長と会談
☆米住宅価格、上昇率が鈍化 4―6月4.7%、6年半ぶり低水準
☆OECD、06年の日本の経済成長見通しを下方修正
☆アジア開銀、06年のアジア経済の成長見通しを上方修正
☆アジア途上国の6月末の外貨準備高、2兆ドルを突破
☆フォード、CEOにボーイング副社長のムラーリー氏を招聘
☆米シェブロン、メキシコ湾の深海油田で試掘に成功
☆米マイクロソフト、次期OSの米国向け価格を発表


NY市場は軟調となっております。CME日経は16225円となっております。日経平均は開けた窓を閉めに行く展開になりそうです。NY市場次第ではありますが、ズルズルと下落していきそうですね。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。





















posted by taro1991 at 23:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

9月6日水曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は115円後半となっております。


NY市場はレーバーデーとなり休場、外国人売買動向は大幅買い越しとなったため堅調になるかと思われたのですが、前日の大幅高の反動や利益確定の売りが上値を抑える動きとなり、軟調に推移していきました。もたついた動きとなったのですが、16300円を割り込むと流石に買い戻す動きが強くなり底堅さのある展開となりました。後場に入ると相変わらず押し目を拾う展開が続き堅調な動きが続き引けにかけて買戻しや押し目買いで堅調にひけました。


<指標>


☆8月の車名別新車販売
☆4−6月期の米労働生産性
☆米GDP(第2四半期)改定値
☆8月ISM非製造業景気指数
☆地区連銀経済報告



<気になる事>


☆9業務での市場化テスト実施を閣議決定 公共サービス改革基本方針
☆国交相、タクシーの値上げ申請を前向きに検討
☆新札、普及率が7割超す 旧札の多くはタンス預金
☆活性化本部、中心市街地支援で基本方針 空洞化する市街地をてこ入れ
☆不動産大手、都心の大型オフィスビルを中心に定借賃料を順次値上げ
☆秋の臨時国会、教育基本法改正を最優先に 安倍氏
☆4―6月の公的年金運用、株価下落で2兆円の赤字に
☆4―6月期のGDP改定値、1.1%に上方修正 民間予測
☆経産省、ミツウロコに改善命令 LPガス設備の保安に問題
☆大阪府、新行財政計画案を発表 2010年度に黒字転換
☆日銀、職員の金融取引を職務ごとに規制 諮問会議会合で
☆琉球銀、200億円増資 公的資金の早期返済へ
☆アジア株式市場、全面高に 香港株は6年ぶり高値に
☆人民元が最高値 切り上げ後初の7.93元台
☆中国企業の対外直接投資、初の100億ドル突破 05年
☆クレディS、アジアの人員の倍増を計画 最大4千人を雇用
☆フィリップスの半導体新会社、インドの研究開発拠点に370億円投資
☆エアバス、新規採用を当面凍結し「A380」責任者も解任 
☆米インテル、5日に人員削減計画を発表 FT紙報道
☆北海ブレント先物も続落、1バレル67ドル台で終了


NY市場は開場前となっております。CME日経は16360円と日経平均に鞘寄せする動きとなっております。日経平均は堅調な動きが続いています。NY市場の様子を見ることもなく高値を維持しているのですが、今夜のNY市場の動き次第では一段高の展開になりそうですね。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。








posted by taro1991 at 21:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

9月4日月曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に上昇しております。
為替は117円前半となっております。


NY市場はもたついた動きとなり、外国人売買動向は買い越しとなったのですが、前日の大幅高の反動もあり売り先行の始まりとなりました。寄り付き売り一巡後は底堅い動きとなったのですが、先物にまとまった売りが出ると軟調になりました。下値を売り叩く動きとはならず底堅い展開となりました。後場に入ると先物が買い戻しで買い物がちとなった事で後場は堅調な始まりとなり、買戻しを急ぐ動きなどもあって一時前日の終り値を超えて推移する場面もありました。週末の手仕舞い売りと押し目買いが交差し振らされる動きとなったのですが、引けにかけて値を戻す動きとなり小幅安となりました。


<指標>


☆4−6月期法人企業統計
☆米国市場休場(レーバーデー)



<気になる事>


☆素材大手、アジアで自動車部材の生産を拡大
☆軽を除く新車販売台数は14カ月連続減 軽自動車は8カ月連続増加
☆市場化テストの基本方針、5日の閣議で決定予定
☆防衛庁、「機動戦闘車」の開発費を概算要求に計上
☆ガソリン価格、上昇一服 首都圏の一部で130円台
☆ゴーン氏、GMとの提携協議は「順調」
☆投資一任のラップ口座、銀行・保険に販売解禁 金融庁、来年メド
☆安倍氏、きょう出馬を表明 安倍氏支持は7割超、日経調査
☆景気一致指数、7月も50%超へ 9月7日発表の景気動向指数
☆損保、商品統廃合急ぐ 不払い問題受け、個人向け営業見直し
☆原油高騰で自家発電離れ 企業、電力会社へ回帰加速
☆コンビニで酒販売、全店解禁 酒類販売きょう完全自由化
☆ロシア最大のアルミメーカー、世界最大に 同国2位などを買収へ
☆イラン、ウラン濃縮の期限を守らず継続 IAEAが報告書
☆米ロッキード、NASAのシャトル後継機開発を受注 推計39億ドル
☆米投資家バフェット氏、76歳の誕生日に再婚


NY市場は堅調です。CME日経は16195円と日経平均よりも上げております。日経平均は続伸しやすい動きとなりそうなのですが、NY市場がレーバーデーで休場ということもあり、様子見気分の強い動きになりそうです。



明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。






posted by taro1991 at 00:51| 🌁| Comment(1) | TrackBack(2) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

9月1日金曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は117円前半となっております。


NY市場は堅調となり、外国人売買動向が若干売り越しとなったのですが、買い先行の始まりとなりました。鉱工業生産指数が予想を下回り軟調な動きとなったのですが、先物にまとまった買いが入ると一気に16000円を抜く動きとなり大幅高となりました。後場に入ると昼の市場外取引は大きく買い越しとなったので、寄り付きこそもたついたのですが、月末のドレッシング買いを期待した買いも入り一段高となりました。利益確定の売りを急ぐ動きもありその動きに追従して上げ幅を縮小する動きとなったのですが、押し目買いがしっかりとはいり大幅高の引けとなりました。


<指標>


☆8月の財政資金対民間収支
☆8月の新車販売台数
☆8月の米新車販売
☆8月の米雇用統計
☆7月の米建設支出
☆8月ISM製造業景気指数
☆8月ミシガン大消費者信頼感指数確報



<気になる事>


☆鉱工業生産指数、7月速報値は0.9%低下 基調判断は維持
☆7月の新設住宅着工、前年同月比7.5%減
☆8月の中小企業景況指数、3カ月ぶりに判断の分かれ目の50を下回る
☆7月の自動車国内生産台数は前年同月比8.2%増 北米向けが牽引
☆債券相場、鉱工業生産指数を受けて買戻しが加速
☆先週の部門別売買動向、外国人が5週ぶりの売り越しに 東証
☆郵政公社、来年度から地方債引き受け廃止 民間資金の割合上昇
☆個人保有の株・投信の値上がり益、最高の62兆円 昨年度
☆来年度概算要求、強気の要求相次ぐ 歳出削減の具体像みえず
☆自治体の赤字隠し、釧路・小樽など北海道8市町で判明
☆2016年五輪、東京都が国内候補に JOC投票
☆米、2.9%成長に上方修正 4―6月期の改定値
☆FRB、「インフレ目標」導入を10月協議の公算
☆IEA、脱原発を転換 06年度「見通し」原子力の優位性明記
☆英FT紙、トヨタ英生産拠点の業績好調ぶりを大きく報じる
☆欧州格安航空のライアンエアー、機内で携帯電話の使用を解禁
☆米JDSユニフェーズ、売上高見通しが市場予想を下回る
☆FRB議長、住宅市場の減速が消費に及ぼす影響を懸念


NY市場は開場前となっております。CME日経は16125円となっております。日経平均は週末ということや今日の大幅高の反動で上値の重たい展開となりそうです。


明日の相場は●
確率は60%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。





posted by taro1991 at 21:41| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

8月31日木曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に上昇しております。
為替は117円前半となっております。


NY市場は堅調となり、外国人売買動向は買い越しとなったため買い先行の始まりとなりました。日米共に主要な経済指標の発表を控えていることや月末が近いということもあって、積極的な売り買い乏しい動きとなりました。底堅さはあるのですが、先物に振らされる動きが引き続き方向感に乏しい展開となりました。後場に入ると先物が売がちとなったことで軟調な展開となり、前場の安値を抜きすると売りが加速する動きとなりました。一昨日の安値を下抜けせずに底堅さが確認されると押し目買いや買戻しが入り下げ幅を縮小する動きとなりました。


<指標>


☆7月の鉱工業生産指数速報
☆7月の石油製品卸売価格調査
☆7月の住宅着工統計
☆7月の自動車生産・輸出
☆7月の在庫速報
☆8月のユーロ圏消費者物価
☆8月の独失業率
☆7月の米個人消費支出
☆7月の米製造業新規受注
☆8月シカゴ地区購買部協会景気指数
☆バーナンキ米FRB議長講演



<新規上場>


☆ヘラクレス上場     エノテカ



<気になる事>


☆7月の現金給与総額、6カ月ぶりに減少 賞与時期のずれ込みが影響
☆7月の小売業販売額、3カ月ぶりに減少 天候不順が影響
☆07年度一般会計、概算要求は82兆7300億円 今年度比3兆円増
☆先週末時点での信用評価損益率はマイナス9.1% 5週ぶりに悪化
☆人材各社、福利厚生の拡充等で派遣社員の支援を強化
☆地方債、市区町村の2割超は自由起債できず 総務省調べ
☆企業、正社員雇用に軸足 総務省、4―6月期の労働力調査
☆ブルーレイ陣営、11月から計75本の対応ソフトを発売
☆米企業の自社株買い急増 過去最高1167億ドル、4―6月
☆EU独禁法、制裁を強化 再犯なら最大2倍の課金
☆欧州銀、資産規模が急拡大 世界10位内に7行、6月末
☆EU、自動車のCO2排出削減で法規制を検討
☆米グーグルCEO、アップルの取締役に就任 事業提携への発展も
☆米映画の今夏興行収入は前年同期比6%増
☆前回FOMCの議事録、景気への配慮を優先



NY市場は上昇しております。CME日経は15940円となっております。日経平均は5日移動平均線を割り込んではいるものの、底堅さが確認され25日移動平均線が接近していることから反発しやすい動きとなりそうです。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。















posted by taro1991 at 17:42| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

8月30日水曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は116円後半となっております。


NY市場は堅調となったためか、外国人売買動向が小幅売り越しとなったのですが、買い先行の始まりとなりました。日経平均の前日の大幅安の反動もあって堅調に推移していきました。先物への仕掛け的な売り買いに振らされる動きとなり方向感に乏しい展開となりました。後場に入っても堅調さは続いたのですが、売り物に押され、物へのまとまった売りが出てくるとまってましたとばかりに下値を売り叩く動きとなったのですが、売りは続かずに買い戻される動きから再び堅調になりました。


<指標>


☆8月の地域経済動向
☆7月の商業販売統計速報
☆4−6月期の米GDP
☆4−6月期の米企業利益
☆16年夏季五輪の国内候補都市決定



<新規上場>


☆マザーズ上場     ネットエイジグループ



<気になる事>


☆7月失業率は2カ月ぶりに小幅改善し4.1% 求人倍率も小幅上昇
☆7月の家計調査、全世帯消費支出は7カ月連続で前年同月比減少
☆証券監視委による刑事告発件数、2年連続で過去最多に
☆日本郵政公社、投信取り扱い局を1155局に倍増 ネット販売も開始
☆経団連、消費税率の引き上げを政府に要望へ 会長示唆
☆06年度の建機出荷額はバブル期超す見通し 業界団体予測
☆29日の東証一部の売買代金は今年最低 昨年9月以来の水準
☆国債残高の伸び鈍化 税収増・消却拡大で 10年債は減少へ
☆社保庁、年金不正免除で169人懲戒 全体で1752人処分発表
☆ゴルフ場入場者数、2年ぶり増加 2005年度日経調査
☆サハリン2、パイプライン建設中断 権益拡大へロシア側駆け引きか
☆米グーグルとイーベイ提携 IP電話活用、新型広告も開発へ
☆7月の訪日外国人、中韓からの訪日増え初の70万人突破
☆中南米最大のヤナコチャ金鉱が抗議活動で操業停止
☆米ガソリン小売価格が3週連続で下落 4月以来の水準に
☆米大統領「カトリーナ復興あと数年」 被災地を視察
☆米後発薬のミラン、インドの医薬大手を約860億円で買収
☆米グーグル、無償ネットサービスを企業にも拡大
☆米プルデンシャル、7百億円の罰金支払いで司法省と和解 投信不正で
☆米ボーイング、最大30億ドルの自社株買いを決定



NY市場は開場前となっております。CME日経は15910円と日経平均に鞘寄せする動きとなっております。日経平均は前日の下げの反動からの買戻しなどで指数を押し上げたのですが、この位置で十字線の示現となりました。9月へむけて相場展開が変わりそうでこのまま反発していきそうですね。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。
















posted by taro1991 at 21:33| 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

8月29日火曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に上昇しております。
為替は117円前半となっております。


NY市場はもたついた動きとなり、外国人売買動向は小幅ながら買い越しとなったためか買い先行の始まりとなりました。寄り付き一巡後底堅い動きとなったのですが、先物へのまとまった売りが出て一段安となりました。後場に入ると底堅さはあるのですが、戻りが鈍く先物へのまとまった売りが出ると大幅安となりました。


<指標>


☆7月の有効求人倍率
☆7月の完全失業率
☆7月の家計調査
☆8月米消費者信頼感指数
☆8/8FOMC議事録



<気になる事>


☆不動産関連商品への投資が急増 複数の不動産投信に投資する投信が人気
☆政府、対サイバーテロで緊急対策室設置 全省庁で24時間監視
☆経団連会長「実質2.2%以上を確保するという政府の計画は妥当」
☆野菜の週間小売価格調査、天候回復で6品目が値下がり
☆長期金利、3月28日以来に1.7%下回る
☆東京外為市場、ユーロが対円で最高値を更新
☆重工業・精密機器大手、高度医療機器事業へ相次ぎ参入
☆新日鉄とJFE、中間配の実施見通し 高級鋼材が好調
☆一般会計82兆円台後半、国債費2兆円増 来年度概算要求
☆政府・与党、地方主導の企業誘致支援 新法制定の検討
☆IP網の障害防止、従来電話並み信頼性を 総務省が基準
☆04年度の国民医療費が32兆円 2年連続の最高更新
☆円の変動幅、大幅に縮小 世界経済の一体化などが背景
☆私募投信の残高30兆円迫る 公募株式投信の6割に拡大
☆証券設立、過去最高の31社 1―8月で昨年を上回る
☆ロンドン証取、日本の会計基準を新興企業向け市場で認めず
☆ロシア、サハリン沖開発の権益拡大へ画策 外資に圧力
☆イラン、新型の自国製長距離ミサイルを試射
☆米国防長官、ICBMをテロ対策に活用することを検討
☆カリブ海でハリケーン1号 フロリダ州知事が非常事態を宣言


NY市場は上昇しております。CME日経は15845円と日経平均よりも上げております。日経平均は先物に振らされた動きとなっており、上値の重たい展開が続いています。25日移動平均線を意識した動きとなりそうで、NY市場が堅調なことから反発しそうですね。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。













posted by taro1991 at 23:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

8月28日月曜日の日経平均予想。

NAS騰げダウ下げとなっております。動きはほぼ同じで底堅い動きとなっているようです。久しぶりに割れましたね。
為替は117円前半となっております。


NY市場は堅調でしたが、外国人売買動向が大幅売り越しとなったため売り先行の始まりとなりました。前日の終値が上値抵抗となったようで、上値の重たさを嫌気し、先物への売りが出て一気に値を下げ15900円を割り込む展開となりました。流石に割り込むと売られすぎ感からか底堅く推移、底堅さを確認すると先物への買いが入って大幅高となりました。後場に入ると週末の手仕舞い売りやヘッジ売りで上値の重さが確認されたことで、今度は先物に売りが出ると再び軟調な動きとなり先物に振り回される動きとなりました。


<指標>


☆ロンドン休場(サマー・バンク・ホリデー)



<気になる事>


☆消費者物価、7月は0.2%上昇 来月にも脱デフレ認定
☆農林中金、海外で7000億円を調達 劣後債などを活用
☆臨時国会を「来月22日召集」で調整 新総理選出へ
☆厚労省、少子化対策に1兆4千億円 前年比7.3%増を概算要求
☆上場企業、負債依存度30%下回る 実質無借金3社に1社
☆上限金利の特例、3年程度 貸金業法改正で金融庁検討
☆個人の外貨建て金融商品の投資、米ドル離れ進む
☆IMF、中韓などの出資比率上げ 来月総会で決定へ
☆不動産大手、大型商業施設の開発競う 堅調な消費背景
☆建機出荷額、バブル期超す 今年度15%増、業界見通し
☆外食新型店、小型・簡易型に 続かぬ人気、少ない物件
☆世界のビール生産量4.2%増、05年 BRICsけん引
☆商社5社合計の投資額、今後2年間で3兆円超す 
☆7月の米新築住宅販売、前月比4.3%減  市場予想下回る
☆欧州、長期金利が急低下 独連邦債10年物利回り4%割れ  
☆05年の世界のビール生産量、中国が4年で連続1位
☆英国の人口、移民増で6000万人を突破 昨年の増加率は過去最大
☆イラン前大統領、核兵器開発疑惑を否定
☆プラズマテレビの世界販売台数、4―6月期は前年比95%増
☆米FDA、ファーマシューティカルズの緊急避妊薬の販売を許可
☆米AOL、映画のネット配信を開始 米映画大手4社と提携


NY市場は堅調に推移、CME日経は15980円と日経平均よりも上げております。日経平均は月末接近ということもあり、手仕舞い売りやヘッジの売りなど売り物に押されやすい動きとなりそうです。来月に入ると小泉総理退陣があり「デフレ脱却宣言」をするようだと、好材料と見られて買いが入る展開になりそうなので、それを見越した買いも入りそうです。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。




posted by taro1991 at 02:52| 🌁| Comment(1) | TrackBack(3) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

8月25日金曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は116円前半となっております。


NY市場が軟調となったことや外国人売買動向が小幅ながら売り越しとなったことから売り先行の始まりとなりました。寄り付きから上値の重たい動きが続いていたのですが、先物へのまとまった売りが出てくると一気に16000円を割り込む動きとなりました。後場に入ると底堅い動きとなったのですが、戻りも鈍く売り物優勢の動きが続きました。


<指標>


☆7月の全国消費者物価指数
☆8月末権利付最終売買日
☆8月東京都区部消費者物価
☆米FRBバーナンキ議長講演



<新規上場>


☆ジャスダック上場     アルク



<気になる事>


☆株価指数先物市場、個人のシェアが18%超にまで拡大
☆外国人投資家が5週連続で日本株を買い越し 先週の買越額は過去3番目
☆外食既存店売上高は5カ月連続のプラス ファーストフードが牽引
☆7月の企業向けサービス価格は小幅に低下 マイナス幅の縮小続く
☆新日鉄、ミタルと提携拡大 米に車用鋼板の新工場、08年メド
☆顧客満足度、大手行は10位圏外に 日経金融機関ランキング
☆債権回収会社、事業会社も委託可能 今秋にも法改正案
☆防衛庁の来年度予算、1.5%増要求へ 「骨太」と対立、火種に
☆06年の工作機械受注額、年初予想を上方修正 過去最高水準に
☆世界の携帯電話機市場、4―6月期は成長が鈍化 米社調査
☆米イーマシーンズ創業者、ゲートウェイに部門買収を提案
☆ガソリン8月、1リットル144円 16年ぶり高値更新
☆米グーグル、無料のウェブメールサービスの日本で本格展開
☆スカパー、サッカー欧州CLの放映継続 「3季分」60億円で
☆米住宅市場の減速鮮明 ローン需要、6年半ぶり低水準
☆ASEAN経済担当相会議、サービス70分野の自由化で合意 



NY市場は開場前となっております。CME日経は16000円となっております。日経平均は高値圏での十字線の示現となっての反落、移動平均線割れの動きとなりました。売られすぎ感からの買戻し反発はあるでしょうが、週末ということもあり、終始上値の重たい展開となりそうです。16000円の大台回復を意識した動きとなりそうです。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。




posted by taro1991 at 21:06| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

8月24日木曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は116円前半となっております。


NY市場は方向感がない動きとなり外国人売買動向は売り買いほぼ均衡となったため方向感に乏しい動きとなりました。寄り付きこそ前日の買いの反動から売り先行で始まったのですが、底堅い動きからか先物へのまとまった買いが入り前日の高値を伺う動きとなりました。ただ、上値を積極的に買い上がるわけでもなく上値が重たくなると今度は先物へのまとまった売りで軟調になるといった動きになりました。後場に入ると堅調な動きとなり、堅調さから先物へのまとまった買いで上昇、上値の重たさを確認すると先物へのまとまった売りといった方向感に乏しい動きが続きました。


<指標>


☆7月の企業向けサービス価格指数
☆20年国債入札
☆7月の米耐久財受注
☆7月の米一戸建て住宅販売



<気になる事>


☆貿易黒字、原油高の影響で2カ月連続減少 7月は0.2%減
☆金融庁、貸金業規制法違反の疑いでアコムを再検査
☆糸山英太郎氏、テレビ東京株の約3%を取得か
☆厚労省、雇用保険の料率を機動的に改定方針 景気に連動
☆地方都市再生、改正中心市街地活性化法が施行
☆伊藤京大名誉教授、初代ガウス賞 デリバティブ普及の基礎
☆関税9割超で撤廃提案、経産相表明へ 日ASEANのFTA交渉
☆イラン、ウラン濃縮停止を事実上拒否 包括見返り案に回答
☆米タワーレコード、再度の破産法適用を申請
☆米シスコ、映像配信ソフトの開発会社を約106億円で買収
☆米ワーナーブラザーズ、劇場公開しないDVD販売のみの映画を製作
☆米海兵隊、予備役招集を3年半ぶりに再開 対テロ戦の長期化で
☆米SNSサイト、利用者が1億人超える 人脈づくりに活用



NY市場は開場前となっております。CME日経は16170円と日経平均に鞘寄せする動きとなっております。日経平均は高値圏での十字線の示現となりました。テクニカル的には上値の重たさを嫌った動きとなりそうなのですが、NY市場とCME日経次第ではあるが、上値を追う動きへと転換するかもしれません。ただ、上値の重たさは続きそうですが・・・。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。





posted by taro1991 at 17:34| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

8月23日水曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は116円前半となっております。


NY市場が軟調であったことや外国人売買動向が大幅売り越しとなったため売り先行となるのかとも思われたのですが、前日の売りの買戻しなどで堅調に始まりました。押し目を拾う動きが活発で底堅い動きとなりました。後場に入っても堅調さは引き続き、先物へのまとまった買いが入ると買い優勢となり大幅高となりました。


<指標>


☆7月貿易統計
☆7月工作機械受注確報
☆7月米中古住宅販売



<気になる事>


☆不動産ファンド、資金流入拡大 6月末残高は前年比7割増の10兆円
☆7月のスーパー売上高、天候の影響で3.2%減、減少は7カ月連続
☆6月の全産業活動指数が2カ月ぶりの上昇 鉱工業生産の伸びが寄与
☆長期金利、1カ月ぶりに1.8%割れ 米国の金利低下が波及
☆中部と大阪の両商品取引所、合併調印
☆IT大手、在宅勤務3万人可能に 「全社員対象」広がる
☆紀陽銀、公的資金申請へ 金融機能強化法、初の適用
☆麻生氏、政策減税大胆に 自民総裁選への出馬表明
☆出生数、6年ぶり増加 今年上半期1万1000人増
☆イランの最高指導者ハメネイ師、「ウラン濃縮継続」表明
☆欧州携帯「第3.5世代」に 第3世代苦戦、収益拡大狙う
☆米スプリントCOO、業績不振で引責辞任
☆米メディア大手、ラジオ事業売却の動き広がる
☆米投資家グループ、ゲートウェイ株式の10.2%を取得



NY市場は開場前となっております。CME日経は16120円と日経平均よりも下げております。日経平均は今日の急上昇の反動から利益確定の売りが出やすく上値の重たい展開となりそうです。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。















posted by taro1991 at 19:08| 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

8月22日火曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は115円後半となっております。


NY市場は引き続き堅調だったのですが、外国人売買動向が売り越しとなったため売り先行の始まりとなりました。出遅れ銘柄を中心とした買いが入り売り優勢ではあるが堅調な動きとなりました。後場に入ると昼の市場外取引がやや売り越しとなると利益確定の売りや見切り売りが出、先物にまとまった売りが入って売り急がれる動きとなり一段安となりました。


<指標>


☆7月の全国スーパー売上高
☆6月全産業活動指数



<新規上場>


・セントレックス上場     メディカル・ケア・サービス



<気になる事>


☆人材関連サービス各社、シニア層活用の動き広がる
☆住宅用太陽電池が初の値上がり 多結晶シリコンの品薄と高騰で
☆大手ゼネコン、大規模災害発生に備えた事業継続計画作りを支援
☆コンビニ売上高、7月は2カ月ぶりに減少 たばこ駆け込み需要の反動
☆証券会社、信用取引金利上げ相次ぐ 短期金利上昇で
☆新規株式公開による資金調達額、世界で4割増 1―8月
☆景気回復の主役交代進まず 家計部門への波及が弱いまま
☆株譲渡益・配当の軽減税率、期限延長を要望 金融庁
☆健康保険料率の上限上げ、2008年度から 厚労省
☆振り込め詐欺、98万円を請求する手口が急増 警視庁調べ
☆イスラエルの戦闘停止違反を批判 アナン国連総長
☆米の各州、最低賃金引き上げ 20州で連邦水準超え
☆中国、0.27%利上げ 4回目の引き締め、過剰投資抑制
☆為替市場、ユーロが対円で最高値を更新 一時149円台
☆米買収ファンド、ヘッジファンド分野に相次ぎ参入
☆米農務省、代替燃料研究に補助金創設 トウモロコシ栽培農家の支援も



NY市場は開場前となっております。CME日経は15970円と日経平均に鞘寄せする動きとなっております。日経平均は16000円回復後の下割れとなったのですが、利益確定の売りをこなしながら底堅い動きとなれば上値を追う動きへとなりそうです。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。









posted by taro1991 at 20:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

8月21日月曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に上昇しております。
為替は115円後半となっております。


NY市場は堅調となったのですが外国人売買動向が久しぶりの売り越しとなりました。寄り付きから週末ということもあり積極的な買いはなかったのですが、底堅い動きとなりました。後場に入ると前場引けに先物への買いが確認されると堅調な動きとなりました。先物への売りで軟調になる場面もあったのですが、底値を確認しての先物へのまとまった買いが入って大幅高となりました。


<指標>


☆7月全国コンビニ売上
☆7月粗鋼生産量



<気になる事>


☆7月の全国百貨店売上高は1.5%減 4カ月連続で前年実績割れ
☆米ABC、北朝鮮に地下核実験準備の可能性を報道
☆デフレ「すでに脱却」26%、地方景気「好転」6割 日経調査
☆国家公務員、天下り規制見直し案 禁止行為違反に刑事罰
☆松井証券、信用取引の一部の売買手数料廃止 貸出金利は上げ
☆円の国際化後退 各国保有の外貨準備比率、ポンド下回る
☆地域金融機関、環境配慮に優遇相次ぐ 貸出金利や保証料下げ
☆石油元売り各社、カード発行枚数増加 ガソリン高で値引き注目
☆大手外食企業の今期業績、人件費高騰で下振れ懸念強まる
☆米グーグル、「無料化」で攻勢 無線LANも米で開始
☆米財政赤字、来年度から再び拡大 議会予算局見通し
☆日韓製品の価格差が縮小 韓国企業、ウォン高で競争力低下 
☆中国、大連で予告なしの停電が相次ぐ 日系企業に影響
☆映画やTV番組内広告の市場規模、2010年に8700億円5年で3倍
☆テロとの戦いの累計負担額が約50兆円に さらに膨らむ見通し 米推計
☆米電子商取引、4―6月期の小売売上高は23%増 約3兆5000億円
☆米デルの5―7月期、純利益が51%減 値下げ販売で採算悪化
☆米ギャップの5―7月期、、純利益が53%減 値引き販売響く
☆米タイムワーナー、決算を下方修正 AOLの会計処理問題で
☆米半導体製造装置BBレシオ、7月は1.06倍に低下


NY市場は堅調です。CME日経は16125円と日経平均よりも若干上げています。日経平均は16000円突破後に上値の重たい動きが続いているようで、戻りを試す動きになりそうです。16000円で底堅さが確認されれば年初来高値更新も視野に入りそうなのですが、上値の重たい動きが続きそうだと15500円までの調整局面入りとなりそうですね。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。















posted by taro1991 at 11:43| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

8月17日木曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は116円前半となっております。


NY市場は大幅高となり外国人売買動向は大幅買い越しとなったため買い先行の始まりとなりました。寄付きからあっさりと節となる16000円台を回復し、すでに底入れ感が出て割安銘柄や出遅れ銘柄を物色する動きになっていたこともあって一気に買いも入って来たようです。後場に入ると利益確定の売りをこなしつつ押し目買いや買戻し、出遅れ銘柄を中心とした買いが入り一段高となりました。市場のセンチメントは好転したようで、買い方優勢となってきているようです。


<指標>


☆7月米コンファレンスボード景気先行指数
☆8月フィラデルフィア連銀指数
☆7月北米半導体製造装置BBレシオ



<気になる事>


☆日銀、ゆうちょ銀を定期考査へ 大手行並みに監視を強化
☆シニア富裕層 ツアーが豪勢 高単価でうま味、旅行会社が拡販
☆一致指数、90%に上方修正=6月景気動向改定値
☆景気動向指数 先行指数を上方修正 機械受注のプラス寄与
☆米原油先物が73ドル割り込む、イスラエルとヒズボラの停戦維持で
☆業績の拡大鮮明、4−6月期決算で最終利益30%増
☆中東産油国 原油高で高成長 原油生産は微増 米シンクタンク予測
☆英テロ未遂事件 損失責任めぐり航空と空港が論争
☆ナニワ野菜 台湾で初の試食販売 品質をアピール、輸出推進へ
☆米小売各社の業績はまちまち、投資家は依然明るい見通し示す
☆6月対米証券投資は751億ドルの買い越し、2月以来の高水準
☆ファンドマネジャーは円が依然割安と評価=メリル8月調査
☆8月の米住宅建設業者指数は32、7カ月連続で低下
☆米金利先物市場で9月のFRB利上げ確率25%まで低下、PPI発表後
☆8月のNY州製造業業況指数は10.34に低下 連銀
☆米国債投資家、「ニュートラル」の割合増加 JPモルガン週間調査



NY市場は開場前となっております。CME日経は16060円と日経平均に鞘寄せする動きとなっているようです。日経平均は前日の上ヒゲの長い陰線の示現と物ともせぬ動きとなりテクニカルではなくファンダメンタルを重視した動きになってきているようです。NY市場の大幅高や外国人売買動向の大幅買い越しと好感した動きとなっているようで、今夜のNY市場いかんによっては続伸しやすい動きとなりそうですね。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。






posted by taro1991 at 21:36| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

8月16日水曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は116円半ばとなっております。


NY市場は堅調となり外国人売買動向が大幅買い越しとなったのですが、前日の上げ幅が大きいことから売り先行の始まりとなりました。好業績銘柄や出遅れ感の強い銘柄を中心に押し目買いも入り底堅い動きとなったのですが、積極的な買い進みとまではいかず上値が限定的な動きとなりました。後場に入っても方向感に乏しい動きとなり先物へのまとまった売り買いに振られる動きとなったようで、上ヒゲの長い陰線の示現となりました。


<指標>


☆6月の景気動向指数改定値
☆7月日銀金融政策決定会合議事要旨
☆7月の米消費者物価指数
☆7月の米住宅着工件数
☆7月の米鉱工業生産
☆7月の米建設許可
☆7月の米設備稼働率
☆OPEC月報



<新規上場>


☆ヘラクレス上場     ゴメス・コンサルティング



<気になる事>


☆対日輸出施設、15日に追加=米産牛肉、現地査察で問題なし
☆06年度は平均2.5%成長=追加利上げ、年内が大勢−民間10社予想
☆負債総額は35%減 7月の倒産 中小の販売不振目立つ
☆6月の第3次産業活動指数は前月比‐0.6%、4─6月期はプラス継続
☆地震保険契約、1000万件台突破
☆AOKIの経営統合提案、フタタが18日まで回答延期
☆米バークシャー・ハザウェイ、ギャップとレックスマーク株を売却
☆中国経済は年内やや減速の公算 世銀
☆5─7月の英住宅価格指数は+31、04年以来の高水準
☆米ソロス・ファンド、シスコシステムズとマイクロソフトの保有縮小
☆米GMAC、シティG子会社と総額100億ドルの融資契約
☆米投資家アイカーン氏、センダントとタイム・ワーナーの持ち分拡大
☆インドの06/07年度経済成長率、7.9%の見通し
☆英HSBCが中国事業拡大を計画、07年末までに2000人を採用


NY市場は開場前となっております。CME日経は15850円と日経平均より上げております。日経平均は上ヒゲの長い陰線の示現となったので、反落しやすい動きとなりそうなのですが、ここのところNY市場が堅調なことや外国人の買い越しが続いてきている事などから底堅い動きが続きそうで、近いうちにあっさりと16000円回復となりそうですね。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。










posted by taro1991 at 21:37| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

8月15日火曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に上昇しております。
為替は116円半ばとなっております。


NY市場は軟調となり、東京で停電となったため様子見気分が強くなり、外国人売買動向が買い越しとなったにも関わらず売り先行の始まりとなりました。堅調に始まり、盆ということもあり個人投資家が参戦にているようであり、幅広い銘柄に買い注文が入って底堅い動きとなりました。先物へのまとまった買いが入り節抜けしたようです。節抜け後は15800円を意識した動きとなり高値引けとなりました。


<指標>


☆6月の第3次産業活動指数
☆7月首都圏マンション販売
☆終戦記念日
☆中国人民銀行が預金準備率を引き上げ
☆7月の米卸売物価指数
☆8月NY連銀製造業景気指数
☆6月対米証券投資
☆8月米住宅市場指数



<気になる事>


☆日経平均の更新が停止、大規模停電に伴うシステム障害
☆東京都内で停電、証券会社のシステムが一部で不安定に
☆日銀が即日オペで1兆円供給、大規模停電の影響懸念
☆東京ディズニーランドの開園遅れる、システムダウンで
☆紳士服経営統合 フタタの延期申し入れをAOKIも承諾
☆つらい夏 長雨で生鮮野菜高騰、牛肉も最高値更新
☆東証 3営業日ぶり反発、終値15800円台に
☆7月の倒産、負債総額が前年比35・3%減…件数微増
☆米原油先物が1ドル超す下落、イスラエルとヒズボラの停戦で
☆6月の世界半導体製造装置販売高は前年比+50.0%
☆7月の中国企業の投入価格、前年比+2.5% 中国人民銀行
☆アップル、上場廃止の危機 ストックオプション問題でNASDAQが警告



NY市場は堅調に推移、CME日経は15845円と日経平均に鞘寄せする動きとなりました。日経平均は節を抜けたことにより上昇相場を継続する動きとなりました。二番底形成後のブレイクアップとなったため今後は上昇相場が続きそうですね。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。














posted by taro1991 at 23:26| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

8月14日月曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に下落しております。
為替は116円前半となっております。


NY市場は堅調となり外国人売買動向が大幅買い越しとなったのですが、売り先行の始まりとなりました。オプションSQの算出に絡み、インデックスの売り買いが買い越しとなったことで堅調となったようです。週末ということで手仕舞い売りも多く、日経平均も節目と見られる水準にあるだけに上値の重い展開となりました。後場に入ると週末のヘッジとして先物の売りに押され軟調な動きが続きました。押し目買いや買戻しがあり底堅い動きとなったのですが、軟調な動きが続いたようです。


<指標>


☆7月企業倒産



<気になる事>


☆日証協、証券会社に上場審査強化へ新基準 安易な公開防ぐ
☆英、航空機テロ計画阻止 米国行き同時爆破計画で21人を拘束
☆自民総裁選、安倍・谷垣・麻生3氏の戦いの公算大
☆上場企業の4―6月、経常益15%増 4期連続の最高益視野に
☆食料自給率、昨年度も40% 8年連続横ばいで上向かず
☆知財保護に弁理士活用 代理人業務を拡大、特許庁検討
☆政府系金融の前期、3機関が最終赤字 不良債権比率高止まり
☆大手不動産の収益、流動化事業の比重高まる 4―6月期業績
☆米貿易赤字、上半期で過去最高に 12%増の3838億ドル
☆中国、外資による買収に新規定 9月8日施行 株式交換は解禁
☆航空業界の業績懸念 英で航空機テロ防止、夏の観光需要冷やす



NY市場は下落しております。CME日経は15585円と日経平均よりも上げております。日経平均は25日移動平均線がサポートラインとなっているようで、上値は重たいが底堅い動きとなりそうです。ただ、夏枯れ相場に突入しているので下押しする場面があるようだとズルズルと下落してくかもしれませんね。

明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。








posted by taro1991 at 19:31| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

8月9日水曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は114円後半となっております。


NY市場は軟調となり、外国人売買動向が8日ぶりに売り越しとなりました。売り先行で始まるのかと思われたのですが、前日の大幅安の反動もあって堅調な始まりとなりました。昨日とは逆の先物への買いが入って堅調となったのですが、買いあがる様子もなく様子見気分の強い動きとなりました。後場に入ると、堅調な動きがつづいていたのですが、利益確定の売りをこなしながら堅調さを確認されると先物へのまとまった買いが入るような展開が続きました。引けになると先物へのまとまった買いが入って大幅高となりました。


<指標>


☆6月の機械受注統計及び7−9月見通し
☆ガソリンの給油所店頭価格
☆6月の米卸売売上高



<気になる事>


☆7月のマネーサプライ、前年同月比0.5%増 13年ぶりの低い伸び
☆7月の銀行貸出、2.2%増で10年ぶりの高い伸び
☆景気ウオッチャー調査、2カ月連続で50割れ 判断も下方修正
☆工作機械受注額、46カ月連続で増加 7月は1.5増
☆6月の携帯電話国内出荷、前年比7.2%増 10カ月連続のプラス
☆06年版労働経済白書、若者の非正規雇用の急増を指摘
☆東証、深セン取引所と業務協力の可能性を検討
☆市場化テスト、官民競争まず11事業 来年度入札対象
☆迎撃ミサイルの生産企業に助成制度 防衛庁検討
☆「円の実力」低迷続く 対欧州通貨で円安鮮明
☆ネット証券大手5社、7月の新規口座開設19%減少
☆携帯電話の番号継続制度、10月24日に開始
☆中堅ソフト13社、中国に共同で販促拠点 セット販売へ
☆レバノン、死者・行方不明者が1000人超す
☆ロシアと中央アジア連鎖的に、対欧ガス価格引き上げへ
☆インサイダー取引疑惑のマーサ氏、罰金支払いSECと和解
☆米アップル、新型OSの来年4月発売を発表
☆米グーグル、メディア大手ニューズ傘下のサイトに検索機能を提供
☆NY原油価格急伸、終値で過去最高値に迫る過去2番目の水準に



NY市場は開場前となっております。CME日経は15420円と日経平均よりも下げております。日経平均はFOMC待ちの手控えムードが続いていたのですが、とうとう今夜のFOMCで「利上げ休止」もしくは「打ち止め」をするかもしれない、そうなると日経平均はNY市場の流れに沿って続伸しやすい動きとなりそうです。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。
















posted by taro1991 at 20:47| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

8月8日火曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は114円後半となっております。


NY市場がもたついた動きとなり、FOMCを控えて様子見気分が強いことから外国人売買動向が買い越しとなったにも関わらず売り先行の始まりとなりました。寄り付き一巡後は方向感に乏しい動きとなり15500円を意識した動きが続きました。後場に入ってからは先物へのまとまった売りが出て一気に大きく値を下げる展開となりました。様子見気分が強く買い気に乏しい動きとなったようで、先物主導で大きく下げていったようです。引けにはまとまった売りが出て安値引けとなりました。


<指標>


☆7月の貸出・資金吸収動向
☆7月のマネーサプライ
☆5年国債入札
☆7月の景気ウオッチャー調査
☆7月工作機械受注
☆6月の特定サービス産業動態統計速報
☆4−6月期の米労働生産性速報値
☆米FOMC



<新規上場>


☆マザーズ上場     インフォマート
☆ヘラクレス上場    ジェイアイエヌ
☆Qボード上場     TRUCK−ONE



<気になる事>


☆連結基準の配当相次ぐ 利益配分にもグループ力を反映
☆6月の景気一致指数、3カ月連続で50%超える 判断は据置き
☆7月末の全国銀行貸出残高、全円同月比2.7%増
☆7月末の外貨準備高、5カ月連続で過去最高を更新
☆米産牛肉、輸入再開第1便到着 全箱を検疫
☆金利変動型商品、相次ぎ売り出し 新型定期預金など
☆上場企業の4―6月期、15%経常増益 日経集計
☆官民で通信技術統一へ 家電を携帯電話で遠隔操作
☆総人口、住民基本台帳で初の減少 総務省調査
☆大阪府、公募地方債初の7年債 5年債減額で苦肉の策
☆金融庁に、金融機関への苦情・相談件数が急増
☆大手行・地銀、疾病保障付き住宅ローン広がる
☆7月の米雇用者数11万人増 失業率は4.8%に悪化
☆レバノン停戦安保理決議案、米仏が合意 和平決め手欠く
☆中国、東シナ海の「白樺」ガス田で生産を開始
☆国際法律事務所の05年収益、前年比約1割増 M&Aブーム追い風に
☆英BP、油田トラブルで40万バレル減産 全米生産量の8%
☆米グーグル、動画広告に進出 MTVと協力



NY市場は開場前となっております。CME日経は15225円と日経平均よりも上げております。日経平均はFOMCを控えた買い手控えが要因となり先物主導で売り物に押された動きとなったようです。25日移動平均線を下抜けする動きとなっている為下値探りの動きになりやすいのですが、下げすぎ感からくる買戻しなどで一旦は値を戻す動きとなりやすいでしょう。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。





posted by taro1991 at 20:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

8月1日火曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に下落しております。
為替は114円前半となっております。


NY市場が大幅高となり外国人売買動向が買い越しとなったため買い先行の始まりとなりました。寄り付きの買い一巡後は利確売りなどに押され上げ幅を縮小する動きとなりました。日経平均は15500円を意識した動きとなり堅調な展開が続きました。後場に入ると利益確定の売りに押される動きとなったのですが、先物へ断続的に買いが入り堅調な地合いは続きました。引け間際となると先物への売りが入り上げ幅を縮小する動きとなりました。


<指標>


☆7月の財政資金対民間収支
☆7月の新車販売台数
☆10年国債入札
☆6月の米個人消費支出
☆6月の米建設支出
☆7月の米新車販売
☆7月ISM製造業景気指数



<気になる事>


☆ガソリン価格が大幅上昇 首都圏で140円台に
☆鉱工業生産指数速報値、6月は過去最高に 基調判断も上方修正
☆大手建設工事受注額、6月は前年比3.5%増
☆新設住宅着工戸数、6月は前年比4.7%
☆05年度の自動車生産、海外が初めて国内を上回る 業界調査
☆本郵政、民営化直後の09年3月期に純利益6300億円目指す
☆国税の滞納残高、7年連続の減少 国税庁調査
☆NHK衛星2波、11年度に民間開放 規制改革会議の中間答申
☆気象庁の「緊急地震速報」、明日から提供開始 震度や到達時間予想
☆デジタル放送、1回限りの録画制限を緩和へ 政府方針
☆貸金業界からの1人当たり貸付総額を規制 金融庁検討
☆企業の税負担率、バブル後初めて40%下回る 日経集計
☆四半期開示28日ピーク、好業績持続で株式市場に安心感
☆消費統計、実態と乖離拡大 商業販売統計や家計調査に
☆国産ナフサ価格、22年半ぶり高値 日用品に波及も
☆4―6月期の米GDP速報値、2.5%成長 大幅な減速に
☆イスラム金融、世界規模で急増 総資産4500億ドルに
☆イスラエル軍、レバノン南部を空爆 市民ら55人死亡


NY市場は底堅くなってきております。CME日経は15395円と日経平均より下げております。日経平均は窓開け上昇後に終始上値の重たい展開が続いており、上ヒゲの長い十字線の示現となっております。底値圏でのN字示現してきているので今後は前回の高値を更新する動きとなりそうですが、上値はかなり重たいでしょう。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。












posted by taro1991 at 23:27| 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


株式投資 推奨銘柄

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。