このブログに一票

2006年06月26日

6月27日火曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は116円前半となっております。


NY市場は軟調となり外国人売買動向は売り越しとなったため売り先行の始まりとなりました。CME日経の動きに鞘寄せするような動きとなり堅調さが出てくると15000円を意識する動きとなったのですが、先物への仕掛け的な売りがあり値を崩す動きとなりました。後場に入ると寄り付き売り一巡後になると底堅さを確認されると先物へのまとまった買いが断続的に入り底入れ感からか買い戻しや押し目買いが優勢な動きとなりました。FOMCを控えているためか方向感に乏しい動きとなり乱高下しやすい動きとなったようです。


<指標>


☆6月の独Ifo景況感指数
☆2年国債入札
☆5月米中古住宅販売
☆6月米コンファレンスボード消費者信頼感指数



<気になること>


☆「アルセロール・ミタル」が誕生、粗鋼生産世界シェア1割
☆駐車場各社、駐車料金の電子マネー決済導入広がる
☆企業向けサービス価格の下落続く 8年2カ月連続で低下
☆5月の外食売上高、3カ月連続の増加
☆KDDI、国際通信サービスで英BTと合弁
☆KDDI、携帯のネット検索事業で米グーグルと提携
☆農林除く非製造業の生産性、昨年上昇に転じる IT化など効果
☆年内の利上げ、2回観測が後退 福井総裁の拠出問題影響
☆日銀、来月に内規改正大枠 私募ファンド、役員の保有制限検討
☆損害賠償、刑事訴訟で請求可能に 被害救済を迅速化 法務省方針
☆金融庁、貸金業規正法改正で返済額と返済期間もあらたな規制
☆金融庁、損保会社に一斉点検を命令 三井住友海上の処分受け
☆投信の管理手数料上昇、10年間で14% 新興国投資コスト高
☆プリンスホテル、不採算31施設売却へ 10道県に撤退意向
☆世界のM&A、200兆円突破 2006年上半期
☆周・中国人民銀総裁、4―6月期GDPは実質10%超成長に
☆UAEなど湾岸諸国、原油・ガスの先物取引所を設立
☆欧州石油大手、バイオ燃料事業に本格投資へ BP・シェルなど
☆韓国サムスン電子、非メモリー半導体の設備投資に2.82億ドル
☆バフェット氏、株4兆円超を寄付 個人の慈善事業への寄付としては最大



NY市場は開場前となっております。CME日経は15120円と日経平均に鞘寄せする動きとなっております。日経平均は水曜日にFOMCを控え買い進みづらく、叩き売りづらいという今日と同じような方向感に乏しい動きとなりやすいでしょう。25日移動平均線が上値抵抗線となっているようで、買い進むにせよ下落するにせよFOMCの結果次第といった動きになりやすいでしょう。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。















posted by taro1991 at 20:19| 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

6月26日月曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に下落しております。
為替は116円半ばとなっております。


NY市場が軟調になったことや外国人売買動向が売り越しとなったことから売り先行のはじまりとなりました。前日の大幅高の反動や週末ということもあり15000円を意識した動きとなったのですが、戻り待ち売りや手仕舞い売りが優勢となり値を下げる動きとなりました。後場に入ると週末の手仕舞い売りが優勢となり一段安となったのですが、底堅さが確認されると先物へのまとまった買いが入って前日の引け値近辺まで値を戻す動きとなりました。


<指標>


☆5月企業向けサービス価格指数
☆6月末権利付最終売買日
☆5月米新築住宅販売
☆国際決済銀行(BIS)年次総会



<新規上場>


☆ヘラクレス上場     セキュアヴェイル



<気になること>


☆名目3%成長前提に歳出入改革 政府与党協議会
☆5月の全国スーパー売上高、5カ月連続減少 天候不順が影響
☆3月末の国の債務残高は827兆円 昨年末比14兆円増
☆大証、日経平均のミニ先物の7月18日上場を正式発表
☆ジャスダック市場の売買代金、今年最低を記録 昨年8月以来の水準
☆政府、企業の生産設備など固定資産税に減免案 投資を促進
☆首相が日銀総裁と会談、資産公開を促す 給与外所得開示へ
☆通商白書、投資立国を提唱 2030年の所得収支GDP比4.5%
☆会社法施行後、初の株主総会 買収防衛策など株主の監視厳しく
☆中国の中高級車市場、トップ10の半数は日本車 1―5月
☆ロシア、ドル離れ加速 外貨準備高での比率5割に引き下げ
☆米ウォルマートの労組不要の姿勢に影響も 傘下の英社がスト突入
☆広告効果が確認できた時にのみ料金徴収 米グーグルが試験導入
☆全米銀行協会、4―6月の米経済は減速を予測 年後半は持ち直し
☆米長期債利回り、4年ぶりの水準にまで上昇 金利先高懸念根強く


NY市場は軟調となりました。CME日経は15080円と日経平均よりも下げております。今週にFOMCがありFRB議長の態度次第でNY市場が動きそうです。その動きにあわせるように日経平均も動きそうです。商業販売統計や鉱工業生産指数の発表があり売り叩かれるか、買い戻されるか方向感が決まりそうな動きが出そうですね。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。











posted by taro1991 at 19:40| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

6月23日金曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は115円半ばとなっております。


NY市場が大幅高になったことやCME日経が高くなったことを好感し買い先行の始まりとなりました。外国人売買動向が売り越しとなったのですが、売りが出尽くした感が強かったせいか、買いで値が上がると戻り売りも減り上げが加速知る動きとなりました。後場に入って15000円を超えると堅調な動きが続き先物の買戻しなどで指数を押し上げる要因となりました。


<指標>


☆5月の全国スーパー売上高
☆5月の米耐久財受注



<新規上場>


☆ジャスダック上場      エヌアイシ・オートテック
☆ヘラクレス上場       アミタ



<気になること>


☆上場企業が金融事業に相次いで進出 本業との相乗効果狙う
☆5月の貿易黒字、1年5カ月ぶりに前年実績上回る
☆4月の全産業活動指数、3カ月ぶりにプラスに転じる
☆日銀総裁、「金融政策に影響ない」 改めて陳謝
☆中国からの輸入農産物、農薬規制対応で出荷に遅れ
☆日本経済2%超成長へ工程表 政府の「経済成長戦略大綱」
☆米産牛肉輸入、あいまい決着  再違反時の対応は適切に
☆消費税率上げ、食料品など軽減税率の範囲議論へ 自民税調
☆米CME、人民元先物を上場 対ドルなど3種類
☆米EU首脳会議、イランの核問題で連携を強化
☆フィリップス、半導体事業の分離発表 他社へ売却も視野
☆韓国サムスン電子、第3四半期から携帯電話の販売増見込む
☆米産牛肉の輸入再開、米は対日制裁法案を用意 日本側の姿勢に疑念
☆世界の娯楽メディア市場今後5年で40%増の200兆円規模に米社調査
☆ゴールドマン、ヘッジファンドの運用額で首位に 運用額は210億ドル
☆米サン、テンポや音色で曲を検索できる技術を開発


NY市場は開場前となっております。CME日経は15105円と日経平均よりも下げております。日経平均は週末ということや25日移動平均線に近づいたこともあり上値の重たい展開となりやすいでしょう。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。




posted by taro1991 at 20:40| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

6月22日木曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に上昇しております。
為替は114円後半となっております。


NY市場がもたついた動きとなり外国人売買動向が売り買い共に低水準なりに売り越しとなったのですが、CME日経が小高くなったためか買い先行の始まりとなりました。寄り付き買い一巡後は上値の重たい動きとなり上値の重たさを確認されると先物への仕掛け的な売りが出て一気に値を崩す動きとなりました。後場にはいってからも先物の仕掛け的な売りで軟調な動きとなったのですが、押し目買いがしっかりと入り、底堅い動きとなりました。買い戻される動きとなって戻り歩調となり前日とほぼ同値まで戻りました。


<指標>


☆5月の貿易収支
☆5月米コンファレンスボード景気先行指数
☆ECB定例理事会



<新規上場>


☆ジャスダック上場     日本サード・パーティ



<気になること>


☆米産牛肉、輸入再開で合意 輸入再開は7月下旬の見通し
☆4―6月期の大企業景況感は2期連続で悪化 7―9月期は上昇
☆日経自動車各社、それぞれアジアに輸出拠点
☆国際捕鯨委員会が閉会 日本が副議長に
☆日銀総裁、金融政策「早め小刻みに」 ゼロ金利、早期解除姿勢
☆米牛肉、来月下旬にも店頭へ 日米両政府、輸入再開最後の詰め
☆信書便、民間参入容易に ポスト設置緩和 総務相研の報告書案
☆信用買い残、5週連続減 16日時点の3市場信用取引残高
☆新規上場株、選別色強く 新興市場6銘柄、値動き2極化
☆米住宅着工件数、5月は5.0%増 4ヵ月ぶりの増加
☆鉄鉱石価格交渉、中国と資源大手19%値上げ合意 日欧と同率
☆インド北部に大型経済特区 米大手テーマパークの誘致も検討
☆EUと米、コピー商品摘発などで連携 知財保護を強化
☆米デュポンと英BP、バイオ燃料を商用化
☆米IBM、世界最速半導体の開発に成功 超低温下で250倍の能力
☆米GMの信用枠見直し 金融機関に担保提供


NY市場は上昇しております。CME日経は14725円と日経平均より上げております。日経平均は下ヒゲの長い線の示現となっており反発しやすい動きとなりそうです。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。












posted by taro1991 at 19:16| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

6月21日水曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は115円前半となっております。


NY市場が軟調となり外国人売買動向が売り越しとなったため売り先行の始まりとなりました。CME日経が日経平均よりも下げていたため寄り付から上値が重たい動きとなり、小動きとなりました。後場に入ると上値の重たさから先物への仕掛け的な売りが入って大きく下げ、戻りも鈍く安値圏でのもみ合いとなりました。


<指標>


☆4〜6月期の法人企業景気予測調査
☆米・EU首脳会談



<新規上場>


☆ジャスダック上場     アストマックス
☆マザーズ上場       インスペック



<気になること>


☆首相、陸上自衛隊のイラク撤収を表明 7月中の完了をめざす
☆政府、少子化対策を決定 大学生までを四つの期間に分け支援
☆国民生活白書、若者の5人に1人が職探し
☆5月のコンビニ既存店売上高は前年比−2.9% 減少は22カ月連続
☆公開市場操作、6000億円を即日供給
☆日銀議事要旨、株安を議論 ゼロ金利維持は不適当との見解も
☆日銀総裁「早めに小刻みにゆっくりと金利調整」
☆オリックス系中心にREIT市場が急落
☆政府、エタノール混合ガソリンの生産・給油所整備を支援
☆政府、イラク陸自の撤収きょう決定 来月中の完了目指す
☆米産牛問題、来週にも現地視察 輸入再開きょう手続き決定
☆自治体の財政破綻に現実味 夕張市、14年ぶり再建団体へ
☆協調融資、新規25兆円 昨年度2割増、買収・再生向け活発
☆金融機関、夏のボーナス控え個人マネーの争奪激しく
☆新興企業、資金調達に新株予約権 赤字会社の発行目立つ
☆立花証券、新規公開銘柄で誤発注 銘柄コード間違い
☆米国務副長官が辞任 ブッシュ政権、幹部の刷新ほぼ完了
☆米国産牛肉、今夜にも輸入再開合意か 日米当局の電話会議で
☆テポドン2号、技術と部品は日本製の可能性 韓国紙報道
☆アルセロール、自社株買いを協議予定の臨時株主総会を中止
☆ドイツ取引所、ユーロネクストに統合を再提案 NY証取に対抗
☆ノキアとシーメンス、事業統合で最大9000人の人員削減


NY市場は開場前となっております。CME日経は14665円と日経平均に鞘寄せする動きとなっております。日経平均はこのまま二番底を確認する動きとなりやすくこのまま下値を探る展開になりやすいでしょう。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。









posted by taro1991 at 21:44| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

6月20日火曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は115円半ばとなっております。


NY市場は軟調となり、外国人売買動向が売り越しとなったため売り先行の始まりとなりました。前日の大幅高の反動からか売り戻しの動きとなったようです。うられながらも底堅さはあるようで押し目買いが入って堅調に推移していきました。後場に入っても落ち着いた動きとなったためか先物への仕掛け的な買いが入って前日の終値を超える場面もあったのですが、さすがに売り物優勢といった動きになっているようで売り買いのせめぎあいから一進一退となりました。


<指標>


☆日銀政策委・金融政策決定会合議事要旨
☆5月の全国コンビニエンスストア売上高
☆20年国債入札
☆5月の米住宅着工件数



<新規上場>


☆ジャスダック上場       CDG
                アテクト
☆マザーズ上場         アドウェイズ
                リビングコーポレーション
☆ヘラクレス上場        モジュレ
☆セントレックス上場      オウケイウェイヴ



<気になること>


☆外資拠点誘致、アジア各都市の競争厳しく東京優位に陰り
☆5月の全国百貨店売上高は前年同月比1.1%減 東京地区は0.3%減
☆アルコール主成分の燃料への都の課税は適法 最高裁判断
☆次の南海地震は巨大型の可能性 高知大教授らの研究報告
☆国交省、民間工事の「丸投げ」を大幅規制へ 来年度にも
☆販売用不動産、損失計上の企業相次ぐ 会計新基準先取り
☆政府・金融機関、「中東オイルマネー」の受け皿整備へ
☆監視委、立ち入り検査対象を拡大 取引銀行や公認会計士も
☆金融庁、上場企業など投資ファンドの保有実態を重点審査
☆日銀、内部規定見直し検討 幹部の資産を信託方式で凍結
☆6月の日銀短観、小幅改善を予測 12の民間調査機関
☆住宅ローン、長期固定が激戦 3大銀・ノンバンクなど
☆少子化関連のローンや預金が登場 子供いる顧客に金利優遇
☆地上デジタル放送の規格、ブラジルが日本方式を採用
☆企業の株式購入権、不正付与 米当局40社超に本格調査
☆独、来年から付加価値税率3%引き上げ 最大規模の増税
☆中国人民銀、預金準備率0.5%上げ8%に 追加引き締め
☆ムーディーズ、日本国債を1年半以内に格上げの可能性
☆ノキアとシーメンスが通信機器事業の統合で合意 米WSJ紙
☆NY証券取引所、ロンドンで証券取引所の新設を検討か 英FT紙
☆米政府当局、テポドン2号の「燃料注入完了」 日米、発射なら制裁も



NY市場は開場前、CME日経は14930円と日経平均より上げております。日経平均は15000円を伺う動きとなっており、NY市場の動き次第では突破する動きになりそうですね。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。





posted by taro1991 at 21:16| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

6月16日金曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は114円後半となっております。


NY市場は久しぶりに堅調になり、外国人売買動向も久しぶりの買い越しとなったため買い先行の始まりとなりました。寄り付き一巡後は買いが先行し大幅高の展開となりましたが、高値圏で上値の重たい動きとなると先物への売りが入って軟調になる場面もありました。後場に入ると昼のバスケット取
引がやや売り越しと伝えられると終始軟調な動きとなり、戻れば売りといった売り優勢の動きとなり市場のセンチメントの改善まではほど遠い動きとなりました。


<指標>


☆1〜3月期米経常収支
☆6月ミシガン大学消費者信頼感指数



<新規上場>


☆マザーズ上場     日本レップ



<気になること>


☆日銀決定会合、「ゼロ金利政策」維持を全員一致で決定
☆4月の景気指数改定値、一致指数と先行指数を上方修正
☆6月の日銀月報、景気は「着実に回復」 判断を据え置き
☆4月の第3次産業活動指数、前月比1.3%上昇 3カ月ぶりにプラス
☆6月第1週の主体別売買動向、外国人と個人が売り越し
☆3月末の個人金融資産、年度末としては過去最高の1506兆円
☆薬価、来年4月も引き下げ検討 最大10% 政府・自民
☆森派、安倍氏支持が大勢 総裁選「候補一本化望ましい」
☆少子化対策、成長段階ごとに支援策 政府与党案まとまる 
☆郵政公社、郵政事業強化に今年度投資1800億円
☆ヤフー、上場廃止回避 持ち株比率、大株主75%下回る
☆信用評価損益率、9日時点19.7% 3年7ヵ月ぶり水準
☆米地区連銀報告、「米経済の拡大続くが、減速の兆しも」
☆5月の米消費者物価0.4%上昇 インフレ圧力強まる
☆ウォルマート、新分野の開拓急ぐ 小口金融サービスなど
☆人民元、1カ月ぶり1ドル7元台に上昇
☆台湾の液晶パネルメーカー、在庫増加で生産縮小 米紙報道
☆独バイエル、メルクからシエーリング株を買取り
☆米ニールセン、TV視聴率調査でiPodなども測定対象
☆米ユナイテッド航空、年内に1000人削減
☆FRB理事ら、物価上昇に関して相次いで懸念表明
☆地区連銀報告、米経済に減速の兆候 インフレ警戒姿勢は堅持



NY市場は開場前となっております。CME日経は14535円と日経平均よりも上げております。明日の日経平均は週末ということもあり終始上値の重たい動きになりそうです。ただ、一昨日の下げでセリングクライマックスを迎えた節があるので来週への上昇相場を見越した買いも入りそうで堅調な動きとなりそうです。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。





















posted by taro1991 at 22:15| 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

6月15日木曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は115円前半となっております。


NY市場が軟調であり、外国人売買動向が大幅売り越しとなったため売り先行の始まりとなりました。寄り付きこそCME日経よりも低く始まったのですが、前日の大幅安の反動もあって買い戻す動きが出てきました。売り飽き気分からか底堅さが出てきて買戻しや押し目買いで堅調となり、先物へのまとまった買いが入って堅調な動きが続きました。後場に入ると昼の市場外取引がやや買いが優勢となったためか一段高となり先物への買いなど底入れ感が強く買い戻しや押し目買いが一層入るといった動きになったようです。


<指標>


☆6月金融経済月報
☆4月第3次産業活動指数
☆4月景気動向指数改定値
☆1〜3月期の資金循環統計
☆EU首脳会議
☆5月米鉱工業生産
☆6月ニューヨーク連銀製造業景気指数
☆4月対米証券投資
☆5月米設備稼働率
☆6月フィラデルフィア連銀指数



<新規上場>


☆ヘラクレス上場     フリーワーク



<気になること>


☆消費税の社会保障財源化を検討 自民税調、少子化対策減税も
☆医療制度改革法成立、10月から高齢者の医療費負担が増加
☆農政改革関係法成立、大規模農家の育成を優先支援
☆改正建築基準法成立、耐震偽装の罰則強化 中間検査も義務付け
☆5月の首都圏マンション発売戸数は2カ月連続の減少
☆5月の企業倒産、負債総額が増加 金利負担増を懸念し処理前倒し
☆東証REIT指数が急落 今年2番目の下げ幅
☆公取委、合併審査基準見直し シェア上限35%撤廃検討
☆月例経済報告、物価「改善」強まる 6月判断を上方修正
☆東証、上場ルール見直しへ M&Aの情報開示を強化
☆株式投信の残高、株安で1年7ヵ月ぶり減少 5月末
☆自社株消却、2年連続で1兆円超 2005年度
☆求人情報5社の今期、4社が2ケタ経常増益見通し
☆5月の米卸売物価0.2%上昇 インフレ圧力続く
☆欧州・北米企業、新規上場延期相次ぐ 世界的株安が影響
☆米大統領、イラク電撃訪問 首相と会談、全面支援を表明
☆米不動産ファンドに日本勢資金回帰の動き
☆商品相場下落、リスク資産の現金化の動き強まる
☆06―08年の世界パソコン出荷予想を上方修正 米調査会社
☆KFC展開の米ヤムブランズ、揚げ油使用停止求め米消費者団体が提訴
☆ディズニー新作アニメ、興行収入予想に届かず
☆米財務省、イランへの武器関連部品の輸出で中国企業4社を制裁
☆エアバス、超大型旅客機「A380」の生産に再度の遅れ



NY市場は開場前となっております。CME日経は14270円となっております。日経平均は14000円台に突入したこともあり底入れ感も台頭、反発上昇していく動きとなりました。相変わらず5日移動平均線が上値抵抗線となっているようで、底堅さが確認されるまでは上値の重たい動きが続きそうですね。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。








posted by taro1991 at 18:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

6月14日水曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は114円半ばとなっております。


NY市場が大幅安となったことや、外国人売買動向が大幅売り越しとなったことから売り先行の始まりとなりました。それでも寄り付きこそ高く始まったのですが、CME日経の終値をあっさりと下抜けする動きとなりました。全体的に買い気の細る動きとなっており戻り売りや見切売りがかさむ動きとなりました。それでも戻り歩調となる場面もあったのですが、戻れば売りと買いが薄れる動きとなりました。後場に入ると先物への仕掛け的な売りが断続的に入って一気に大幅安になる展開となりました。


<指標>


☆5月の企業倒産
☆5月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向
☆5月の米消費者物価指数
☆米地区連銀経済報告



<新規上場>


☆ジャスダック上場     特殊電極



<気になること>


☆日経平均が大幅安 米同時テロ以来の下げ幅 
☆日銀総裁、村上ファンドに1000万円出資 野党は追求の構え
☆日銀、即日オペ 短期市場に5000億円供給
☆政府調達は原則競争入札に 首相が透明化を指示
☆4月の鉱工業生産指数確報値、速報値から小幅下方修正
☆05年度訪日外国人旅行者数が過去最高を更新
☆4月の携帯電話国内出荷は前年同月比26.9%増 プラスは8カ月連続
☆5月の投資信託実績、純資産が1年7カ月ぶりに減少 運用減が拡大
☆三市場残、買い残が5兆円割れ 前週比3440億円減少
☆新興国株投信、5月の資金流入99%減少 インド株下落など影響
☆中小企業継承、議決権ない株の相続税評価20%低く 経産省要望へ
☆外国人労働者の在留期間、5年に延長 自民検討の総合対策案
☆生保の新契約収入、「医療・がん」「年金」6割に 前3月期
☆株主総会で「取締役解任」条件厳しく 今月30社が定款変更へ
☆米家計の借金依存加速 3月末の負債残高12%増の12.2兆ドル
☆テロ海賊対策でインドネシアに巡視船供与 政府決定
☆インド株が大幅続落で始まる 年初来安値水準を下回って推移
☆米ガソリン小売価格が2週連続で上昇 4週ぶりに2.9ドル台に
☆米フロリダ州で非常事態宣言 熱帯暴風雨「アルベルト」を警戒



NY市場は開場前となっております。CME日経は14270円と日経平均の終値よりは上げております。日経平均は日足では5日移動平均線が上値抵抗線となっているようで、月足では12ヶ月移動平均線を割り込んでしまっています。まだまだ上値の重たい展開が続きそうですね。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。



posted by taro1991 at 21:10| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

6月12日月曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に下落しております。
為替は113円後半となっております。


NY市場は堅調だったのですが、外国人売買動向が大幅売り越しとなったことから売り先行の始まりとなりました。寄り付き売り一巡後はSQで売られたところを目先筋のリバウンド狙いの買いもあって堅調となり、値頃感もあって反発となりました。日経平均が14800円を越えたあたりで上値が重たくなり外国人投資家の売り観測から売りが出て軟調になりました。後場に入ると昼の市場外取引が売り越しと伝えられ大幅下落となる場面もあったのですが、機械受注統計の発表後は先物へのまとまった買いも入り堅調となりました。



<指標>


☆1〜3月GDP改定値
☆4月国際収支
☆5月企業物価
☆5月消費動向調査
☆5月米財政収支
☆米FRBバーナンキ議長講演



<気になること>


☆日経平均が5日ぶり反発 週間の下げ幅は5年半ぶりの大きさ
☆日経平均先物も5日ぶり反発 中心限月の売買高は過去最高
☆機械受注が2カ月ぶりに増加 4月は10%超の大幅増
☆ものづくり白書、技能承継に危機感 団塊世代大量退職の2007年問題
☆共同参画白書、女性の再就職で正社員へ復帰できるのは45%
☆改正遺失物法成立、警察へ届けられる落とし物をネットで検索可能に
☆認定子ども園法案成立、幼保一体施設が開設可能に
☆改正容器包装リサイクル法成立、レジ袋の削減を義務化
☆日米の物流企業、中国内陸に拠点 製造業の進出に対応
☆主要8カ国の財務相会合きょうから 原油高や株安討議へ
☆模倣品流入阻止へ新法 知財計画2006を決定
☆欧州中銀、3カ月ぶり0.25%利上げ 追加利上げも視野に
☆ザルカウィ容疑者を殺害 米、隠れ家を空爆 イラク首相発表
☆香港キャセイ航空、香港2位のドラゴン航空を子会社化
☆中国が「ダ・ヴィンチ・コード」上映を打ち切り 政治的判断の可能性
☆スペイン建設大手、英空港管理のBAAを2兆円超で買収
☆IAEA、イランのウラン濃縮活動拡大を指摘 
☆フィッチ、フォード社債の格付けを2段階引き下げ
☆米TI、4―6月期業績見通しを上方修正
☆FDA、メルクの子宮頸がん予防ワクチンを承認 同種薬品は世界初
☆米政府、06年の経済成長見通しを3.6%成長に上方修正



NY市場は軟調に推移、CME日経は14635円と日経平均よりも下げております。日経平均は前日の陽線の示現により下げ止り感が出てきたと思われたのですが、相変わらずNY市場が軟調となっており、今週のバーナンキFRB議長の講演内容や卸売物価指数と小売売上高、消費者物価指数とベージュブック、鉱工業生産指数の発表と主要な経済指標やFRBの態度を測る上で重要なイベントが続き一喜一憂する場面が出てきそうですね。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。


















posted by taro1991 at 16:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

6月9日金曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は113円後半となっております。


NY市場は軟調、外国人売買動向が大幅売り越しとなったため売り先行の始まりとなりました。寄り付きからあっさりと15000円を割り込んでしまい、終始軟調な動きとなりました。明日の先物・オプションのSQを控えての思惑も下げを加速させる要因となったようで、買い手不在の売りが売りをよんだ展開となったようです。買われる材料らしものも見当たらず、NY市場の先行きを見守る動きとなったようです。


<指標>


☆4月の機械受注統計
☆6月限先物・オプションSQ
☆OECD4月景気先行指数
☆5月の米輸出入物価指数
☆4月の米貿易収支



<気になること>


☆日経平均が一時1万4500円割れ 4月高値から3千円幅の調整
☆環境省、土壌汚染対策事業者に認証制を導入 業者を格付け
☆日銀副総裁「実体経済は健全で、調整が一段落すれば安定性戻る」
☆銀行貸出残高が4カ月連続増加 5月は1.2%増
☆5月の通貨供給量は1.4%増 前月比で伸び率は低下
☆05年度末の信託財産総額、前年度末比24%増で過去最高を更新
☆大和総研、06年度の企業経常増益率を前回予想から下方修正
☆景気回復「バブル期」に並ぶ 4月で51ヵ月、一致指数77%
☆税制抜本改革、3段階で 消費税上げ09年度にも 自民税調会長試案
☆東シベリアの油田開発、日本参加で交渉 ロシア政府
☆新興市場、新規公開組が低迷 直近6銘柄、4銘柄で初値割れ
☆中国の外貨準備高、年内に1兆ドル突破 アジア開銀総裁
☆韓国、少子化対策に4兆円 2010年までに 働く女性の環境整備
☆米の新車品質調査、1位ポルシェ 2位レクサス
☆米新聞大手トリビューン内で内紛か 自社株買い巡り
☆EUとOPEC、原油価格安定で協力を確認
☆世界の半導体販売、通年の見通しを9.8%増に上方修正 米業界団体
☆IMF、米の利上げ継続を支持 インフレ圧力を重視

NY市場は開場前、CME日経は14715円と日経平均よりも上げております。明日の日経平均は週末ということや12ヶ月移動平均線を割り込んでしまっているため上値の限定的な動きとなりそうです。上値めどは15000円となりそうなのですが、手仕舞い売りや戻り待ち売りなどの売り物に押される動きになりそうです。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。


















posted by taro1991 at 20:11| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

6月8日木曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に下落しております。
為替は113円半ばとなっております。


NY市場が軟調で、外国人売買動向が大幅売り越しとなったため売り先行の始まりとなりました。SQ算出日を前に買い手控え気分の強い動きとなり手仕舞い売りや見切売りに押され軟調な動きとなりました。寄り付き売り一巡後にはここ数日の売りの買戻しや先物へのまとまった買いが入って堅調な場面もあったのですが、上値の重たさから先物へのまとまった売りにより軟調に推移していきました。後場に入っても軟調な動きが続き底入れ感のなさから見切売りに押されていく動きとなりました。


<指標>


☆5月の景気ウオッチャー調査
☆5月の貸出・資金吸収動向
☆5年国債入札
☆5月のマネーサプライ
☆4月の特定サービス産業動態統計速報
☆4月の米卸売売上高
☆ECB理事会



<新規上場>


☆大証2部上場     神戸物産
☆ヘラクレス上場    フィスコ



<気になること>


☆日経平均、TOPIXともに年初来安値を更新 ジャスダックも連日安
☆金融商品取引法(投資サービス法)が成立、ファンド規制や罰則強化
☆薬事法改正案が衆院可決 副作用リスクに応じた販売ルール定める
☆5月末の外貨準備高、3カ月連続で最高を更新 評価額の増加が主因
☆景気一致指数、4月は77.8% 3カ月ぶりに50上回る 先行は50
☆5月の工作機械受注額は14.8%増 44カ月連続のプラス
☆中小公庫など統合の新政府系金融、国が全額出資の株式会社に
☆2011年度財源不足、15―17兆円に 政府・与党調整
☆電力小売り、競争拡大促す 公正取引委が提言
☆中央青山、上級会計士に退社勧告 若手登用で改革姿勢
☆上場地銀90行の前期、最終益29%増 日経集計
☆信用買い残、4100億円減 2日時点の3市場信用取引残高
☆ジャスダック年初来安値、主力ネット株に警戒感 6日
☆中東マネー、東南アジアへ流入 欧米偏重の投資先を修正
☆欧州航空大手、ビジネス客増加で業績改善 今後の見通しは慎重
☆米GM、株主総会で株主提案が初めて承認 取締役の選任方法を厳格化
☆米エネルギー省、ガソリン価格見通しを上方修正
☆全米不動産協会、FRBに利上げ停止求める



NY市場は下落、CME日経は15230円と日経平均よりも上げております。日経平均はここ数日の下げから反発してもよい動きとなりそうなのですが、今後の動きとして12ヶ月移動平均線を意識した動きとなりそうですね。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。














posted by taro1991 at 18:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

6月7日水曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は112円半ばとなっております。


NY市場が大幅安となり外国人売買動向は売り越しとなったため売り先行の始まりとなりました。寄り付きから15500円を割り込み、戻れば売りと終始上値の重たい展開となりました。後場に入っても上値の重たさからか見切売りや投売りがかさみ、先物へのまとまった売りも入り、ほぼ全面安の展開となりました。


<指標>


☆5月末の外貨準備高
☆4月景気動向指数
☆4月の米消費者信用残高
☆消費者信用残高
☆英中銀金融政策委員会



<企業・決算>


☆ジャスダック上場     キーウェアソリューションズ



<気になること>


☆エネルギー白書、石油依存の低減を強調 アジアへの省エネ支援も
☆食料白書、団塊世代の食料消費に対する影響力の強まりを指摘
☆西川郵政社長の経営姿勢を批判 金融相、民業圧迫を懸念
☆5月の車名別新車販売、「カローラ」が2カ月ぶりの首位に
☆国交相、公共交通機関の株式取得規制の是非を検討
☆三市場残、買い残減少も依然高水準続く 2日申し込み現在
☆雇用保険料、来年度から引き下げ方針 厚労省検討
☆労働分配率、3年9ヵ月ぶり上昇 1―3月期
☆株主優待の導入企業、1000社に 大和IR調査
☆新薬開発支援7社の今期、経常損益が改善見通し
☆米、投信解約広がる リスク回避姿勢、鮮明に
☆中国、資源「囲い込み」で苦戦 供給国が主導権奪う
☆中国、環境汚染で昨年2600社を閉鎖 環境白書公表
☆駐車監視員に暴行、容疑者を公務執行妨害で逮捕
☆アジア株、アメリカの株安嫌気し全面安の展開
☆カナダのテロ容疑者、オタワの国会議事堂爆破を計画か 地元紙報道
☆米インテル、通信関連事業の売却を検討 経営資源の集中化図る
☆米貯蓄銀行のファーストバンク、スターリングに身売り
☆米ウォルグリーン、20年ぶりに同業のドラッグストアを買収 
☆米ガソリン小売価格、3週ぶりに上昇 高止まり続く
☆イランへの見返り案、米航空機部品輸出の解禁も 米紙報道


NY市場は開場前となっております。CME日経は15375円と日経平均に鞘寄せする動きとなっております。バーナンキFRB議長が「断固としてインフレを抑制する」との発言からアメリカのインフレと景気減速を抑止するため追加利上げをするようです。追加利上げが落ち着いたころに市場への資金流入が再開されるのではないでしょうか。それまでは売りが続きそうな気配ですね。

明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。













posted by taro1991 at 21:47| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

6月6日火曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は111円半ばとなっております。


NY市場が軟調であったことや外国人売買動向が売り越しとなったことから売り先行の始まりとなりました。前日の大幅安の影響からか売り叩かれる動きもなく押し目買いが入りつつも戻りが弱く上値の重たい展開となりました。後場に入っても似たような動きとなり終始軟調に推移、先物への売り買いが散発的に入り方向感に乏しい展開となりました。


<指標>


☆5月車名別新車販売台数



<気になること>


☆1―3月の設備投資、6期ぶり2ケタ増 GDP予想の上方修正も相次ぐ
☆桜島の昭和火口付近からの噴煙を確認 1946年以来60年ぶり
☆ジャスダック平均が8日ぶり反発 マザーズやヘラクレスは続伸
☆設備投資、全額損金に計上できる方向で検討 政府税調
☆中型店の郊外出店も規制 自治体が相次ぎ独自策
☆06年度建設投資は前年度比1.0%減 2年ぶり減少見通し
☆金融庁、不動産投信による短期社債発行を解禁
☆露国営ガス会社ガスプロム、極東でのガス田開発を強化
☆ガソリン高、米個人消費に影響 大型車不振、まとめ買い
☆5月の米雇用統計、事前予想を大幅に下回る 景気に減速懸念
☆米長期債利回り、6週間ぶりに5%割り込む 金利先高感後退
☆BBC、ワールドカップをブロードバンドで生中継
☆駐イラク米軍の虐殺疑惑、「ソンミ村虐殺事件以来、最悪」米誌報道



NY市場は開場前となっております。CME日経は15705円と日経平均よりも騰げております。日経平均はデットクロス形成と窓を空けたままとなっており戻りの鈍い動きが続いているようです。今度は二番底を形成しにいく動きになりそうですね。


明日の相場は●
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。










posted by taro1991 at 22:22| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

6月5日月曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に下げております。
為替は111円後半となっております。


NY市場は堅調であったので、外国人売買動向が大幅売り越しとなったのですが、買い先行の始まりとなりました。寄り付き一巡後は上値の重たい展開が続き徐々に値を崩す動きとなりました。村上ファンド銘柄を中心とした売りものもあり年初来安値まで売られたのですが、後場に入ると押し目買い意欲が旺盛な動きとなり週末ではあるものの大幅高で引けました。


<指標>


☆1〜3月法人企業統計
☆5月米非製造業景気指数



<新規上場>


ヘラクレス上場      夢の街創造委員会



<気になること>


☆東京地検、インサイダー取引容疑で村上代表を聴取へ 関連銘柄が急落
☆5月の資金供給残高が15%減少 3年2カ月ぶりに100兆円割り込む
☆65歳以上の高齢者が5人に1人に 高齢社会白書
☆村上ファンド捜査、東京地検 ニッポン放送株巡り証取法違反の疑い
☆昨年の出生率「1.25」に少子化加速 政府、「推定人口」引き下げ
☆貸金業者の新規参入規制を強化 過剰貸し付け規制も 自民など検討
☆2011年度の基礎収支黒字化、財源不足10兆円台後半に 政府修正
☆5月4週の投資主体別売買動向、外国人3週連続の売り越し
☆新興3市場上場企業の今期、経常利益12.3%増 日経集計
☆ロシア国営石油ロスネフチ、来月に株式公開 100億ドル調達へ 
☆5月の米市場新車販売、トヨタとホンダが二桁の伸び GMは大幅減
☆OPEC総会、現行生産枠据え置きで合意
☆米スターバックス、5月の既存店売上高は7%増
☆米HJハインツ 大規模リストラ策を発表
☆NY証券取引所、ユーロネクストと合併合意
☆米住宅市場、価格上昇の勢い鈍化1―3月の上昇率が2年ぶりの1ケタ台



NY市場が軟調に推移、CME日経は15820円と日経平均よりも騰げております。主力優良銘柄に腰の据わった買いでしっかりしていたことで、底入れ感も出て来たのではないかと思われるので買いがつづきそうですね。ただ、戻り待ち売りなどの売り物で上値を抑えられる動きになりやすいでしょう。



明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。














posted by taro1991 at 11:35| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

6月1日木曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は113円前半となっております。


NY市場やCME日経が堅調だったためか、外国人売買動向が売り越しとなっても買い先行の始まりとなりました。ただ、戻り待ち売りが多く終始上値
の重たい展開となりました。後場になっても相変わらず上値の重たい展開となり先物へのまとまった売りで見切売りや裁定解消の売りがかさみ一時、前日の終値を割り込む動きとなったのですが、大引けにはインデックス買いが入って値を戻す動きになったようです。


<指標>


☆5月のマネタリーベース
☆5月の米雇用統計
☆4月の米製造業新規受注



<新規上場>


☆ヘラクレス上場       スタイライフ
☆セントレックス上場     ティア



<気になること>


☆05年度の国税収入景気回復を背景に予定額を1兆数千億円上回る見通し
☆都道府県の人口、神奈川が大阪府を抜き2位に
☆出生率、05年は1.25に低下 過去最低を記録
☆自殺者、05年は0.7%増 3万人超は8年連続
☆国交省「高規格道路は今後10年で約4千キロの整備が必要不可欠」
☆日銀委員「ゼロ金利解除、判断は急がない」 遅れるリスクと両睨み
☆ムーディーズ、日本国債格上げの見通し S&Pに続き
☆外国人投資家による国内中長期債の買越額が過去最高水準に 先週
☆先週の主体別対内売買動向、外国人が3週連続の売り越し
☆東証1部上場企業の3月の配当総額、前年比26%増の5兆円に
☆変額年金の3月末契約残高が10兆円超に 前年比81%増
☆5月の新車販売、前年同月比7.8%減 減少は11カ月連続 軽は好調
☆4月の景気動向指数、一致指数が再び50%超へ 強さ確認
☆米政府、対イランで日本に「金融制裁」検討を 核交渉不調なら
☆街並み整備、住民組合に委ねる新たな仕組み導入 国交省方針
☆外資系生保15社、前期の保険料収入8%増どまり 成長に陰り
☆インド、昨年度GDPは8.4%成長 予想を上回る伸び率
☆韓国統一地方選挙、与党惨敗へ 盧武鉉政権に打撃必至
☆米サンマイクロ、最大5千人規模のリストラ策を発表
☆米ボーイング、ロシアから今後30年で180億ドルのチタン購入を計画
☆米ディズニー、映画をDVDと同価格でネット販売 視聴は無期限
☆米ガソリン小売価格が2週連続で下落
☆OPEC、公式生産枠を現行レベルで据え置く方針



NY市場は開場前となり、CME日経は15460円と日経平均よりも下げております。日経平均は15500円を意識した動きとなっているようで、底堅さが確認されると反発しやすい動きになるでしょう。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。







posted by taro1991 at 20:54| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

6月1日木曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共上昇しております。
為替は112円前半となっております。


NY市場が大幅安になったことや外国人売買動向が売り越しとなったため売り先行の始まりとなりました。下値の目処と見られた日経平均15,500円を割り込み、ほぼ全面安となりました。寄り付きから売りがかさみ一段安の展開となりました。終始軟調な動きとなり買い向かう動きもなくセリングクライマックスの様相を呈した動きとなったようです。


<指標>


☆5月の財政資金対民間収支
☆4月の税収実績
☆5月の新車販売台数
☆5月の米新車販売
☆1〜3月期の米労働生産性改定値
☆4月の米建設支出



<気になること>


☆日経平均が3日続落 およそ3カ月ぶりの安値水準に
☆4月の住宅着工戸数は前年同月比15%増首都圏大規模マンションが牽引
☆全国の生協が商品仕入れ一本化へ 価格交渉力を高める狙い
☆改正中心市街地活性化法が成立 中心市街地の空洞化阻止を期待
☆与謝野経財相、骨太方針の7月ずれ込みを示唆
☆地下鉄国立競技場駅で核生物テロの訓練実施 警視庁
☆国交省、証券化不動産の評価基準統一を検討
☆日本企業による対外直接投資、15年ぶり5兆円超す 昨年度
☆雇用改善、地方に拡大 1―3月の失業率、20県で4%下回る
☆番組ネット配信、TVと同時に限定 文化審小委が報告書案
☆振り込め詐欺などで不正利用疑いの預金口座、解約・停止1万件
☆世界の半導体出荷額10%増に 世界70社、今年見通し
☆米財務長官にポールソン氏 ゴールドマン・サックス出身
☆英ボーダフォン、赤字4兆6000億円 複合サービス転換へ
☆現代自、中国でハイブリッド車生産 トヨタ「プリウス」追う
☆イラン、国際石油開発にアザデガン油田開発の早期着手を促す
☆WHO、鳥インフルのヒト同士の感染に備えた緊急対策案まとめる
☆HIV、インドの感染者は世界最多の570万人 国連報告書
☆インドルピー、対ドルで3年ぶりの安値に 序盤のインド株も下落
☆米映画の夏商戦、新作「X―MEN」が興行記録を更新



NY市場が堅調に推移、CME日経は15615円と日経平均の終値よりも騰げております。日経平均は上値が重たいなりに上昇していきそうですね。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。


















posted by taro1991 at 19:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

5月31日水曜日日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は112円前半となっております。


NY市場が休場であったことや外国人売買動向が売り越しとなったため軟調な動きとなりました。寄り付きこそ前日の下げの買戻しによる買い先行となったのですが、材料に乏しく方向感に乏しい動きとなり乱高下する動きとなりました。月末接近により動き辛い展開となったようです。


<指標>


☆4月毎月勤労統計
☆4月住宅着工統計
☆4月建設受注統計
☆5月10日の米FOMC議事録
☆5月のユーロ圏消費者物価上昇率
☆5月の独失業率



<気になること>


☆4月の完全失業率は4.1%で横ばい 失業者数は5カ月連続の減少
☆4月の鉱工業生産指数は1.5%上昇 00年基準で過去最高水準に
☆4月の全世帯消費支出は前年同月比2%減 雨の日が多く夏物衣料不振
☆サラリーマン世帯消費支出の4月は実質4.3%減 4カ月連続でマイナス
☆4月の有効求人倍率は1.04倍 1倍超は5カ月連続
☆4月の自動車生産台数は前年同月比3.9%増 増加は6カ月連続
☆5月の中小企業景況指数、3カ月ぶりに50を下回る
☆06年版首都圏白書、都心回帰が鮮明 最近5年の人口増加率は15%超
☆06年版環境白書、人口は減少しても環境負荷は増加傾向
☆日銀、短期市場に資金供給 連日実施で金利上昇抑制に念入れ
☆政府、鳥インフルエンザのH5N1型を指定感染症に指定
☆公務員の削減総数、純減目標上回る 有識者会議最終報告
☆日銀、過去最大の資金供給 翌日物金利が7日ぶり低下
☆証券監視委、ペイントHの報告書で初の訂正命令を勧告


NY市場は開場前となっており、CME日経は15830円と日経平均に鞘寄せする動きとなっております。日経平均は月末ということもあるのですが、月替わりによるドレッシング買いを期待した動きになりそうですね。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。











posted by taro1991 at 21:57| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

週末が多忙だったため

ウズベキスタン人の友人が国へ帰るということでパーティーを開いたり、オンラインゲームMUの名古屋ミニオフがあったりして情報収集ができなかったので大変申し訳ないのですが、今回の「へたれ株日記」と「当たらない!明日の日経平均予報。」はお休みとさせていただきます。

明日は名古屋ミニオフの続きがあるので再開は火曜日からの予定となります。
posted by taro1991 at 00:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

5月26日金曜日の日経平均予想。

NAS&ダウ共に開場前となっております。
為替は112円前半となっております。


NY市場が堅調となり前日の下ヒゲの長い陽線の示現で底入れ感が出たのですが、外国人売買動向が大幅売り越しとなったため売り先行の始まりとなりました。先物へのまとまった売りが入って一段安の展開となり戻れば売りといった終始上値の重たい展開となりました。後場に入ると昼の市場外取引が売り越しと伝えられて一段安の展開となりました。押し目買いは入るのですが、上値の重たさを確認すると見切売りなどで戻りが鈍くなる動きとなりました。


<指標>


☆4月全国消費者物価指数
☆5月東京都区部消費者物価
☆4月企業向けサービス価格指数
☆4月商業販売
☆4月米個人消費支出
☆4月米個人所得
☆5月ミシガン大学消費者信頼感指数改定値



<気になること>


☆日銀が公開市場操作 5000億円の即日供給で短期金利上昇圧を抑える
☆4月の貿易統計、対米黒字が20年ぶりの高水準に 全体では31%減
☆先週の主体別売買動向、外国人の売り越し額が大きく増加
☆経産省、家電の省エネ規制を強化 冷蔵庫の消費電力を2割削減
☆来年度税制改正、消費税上げ見送る公算 自民党税制調査会
☆中央青山、所属会計士300人が移籍 PWCの新設法人に
☆自民総裁選、安部氏が出馬の意向 7月のサミット後に表明
☆来夏の参院選、電子投票解禁を検討 自民党選挙制度調査会
☆御手洗経団連が発足 前会長の「奥田路線を継承」強調
☆今年度実質2.6%成長 来年度2.1% 民間15社予測平均
☆自動車7社、今年度設備投資額が初の3兆円突破 新興国投資
☆4月の米耐久財受注額、4.8%減 市場予想大きく下回る
☆米国、株主集団訴訟が減少 企業の経営改革進展映す
☆中国、LNG輸入開始 2020年世界最大級の輸入大国に
☆エジプトやヨルダンなど中東で観光分野への大型投資が増加
☆中国レノボ、1―3月期業績が予想超える大幅減益
☆米IP電話最大手の株式上場、初日取引で公募価格を12%下回る



NY市場は開場前となっております。CME日経は15750円と日経平均よりも騰げております。明日は週末や月末接近ということもあり利益確定の売りや手仕舞い売りなどの売り物で上値の重たい展開になりやすいでしょう。


明日の相場は○
確率は50%でしょう。


株は自己責任で・・・

因みに○と●の違いは○が陽線●が陰線をあらわしています。
あくまで予想ですので念の為・・・。






posted by taro1991 at 20:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当たらない!明日の日経平均予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


株式投資 推奨銘柄

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。